知って得する!焼肉の豆知識

炭火焼肉
焼肉というと、「太りそう」「体に悪そう」といったイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。
若い頃はまだいいけど、年を取ると脂が胃にもたれて…と思っている方も多いのではないでしょうか。
けれど、意外にも焼肉は、食べ方次第ではヘルシーな食べものなのです。
食べる順番やメニューに気をつければ、むしろ健康にいい料理ともいえます。
そこで、焼肉を食べるときに知っておくといい食べ方の豆知識をいくつかご紹介します。

焼肉の食べ方の順番について

キムチ盛り合わせ焼肉といえば、定番なのがキムチです。
キムチに含まれるカプサイシンという成分は、脂肪の燃焼を促進してくれます。
また、食物繊維が含まれているので、脂肪を吸収しにくくなります。
このため、キムチを一番最初に食べることで太りにくくなる効果が得られます。
可能なら、ほかにも野菜を一緒に頼んで最初に食べたり、生野菜に肉を包んで一緒に食べたりすれば、野菜不足にもなりません。

食べる順番で気をつけるとよいことの豆知識はほかにもあります。
肉は、脂の少ないものから順に食べていくということです。
白センマイ刺したとえばセンマイ刺しやレバー、ヒレなどの部位を先に食べ、ハラミやカルビなどは最後に楽しむようにします。
最後に食べたものほど脂が吸収されにくいので、こうすることで脂質の摂りすぎをおさえることができます。

焼肉を食べ過ぎてしまった!そんな時には

栄養バランスを考えれば健康的に楽しむことのできる焼肉ですが、やはりついつい肉をたくさん食べ過ぎてしまいがちです。
そんな方におすすめしたいのは、2日間のトータルで摂取カロリーや栄養バランスを調整するという方法です。
次の日のメニューや食べ方に気をつけることで、心置きなく焼肉を楽しむことができるというわけです。
この考え方を利用すれば、どうしても胃にもたれるという方も翌日の食事で胃をケアしてあげることができます。

焼肉の翌日は全体的に食べる量を控えめにすることが基本ですが、プラスして、食べるものの内容にも気を配ってみてください。
たとえば、オクラや納豆などのねばねばした食べもので胃を労わることができます。
ねばねばのもとであるムチンという糖タンパク質が、脂肪の消化吸収を助けてくれるためです。
どうしても毎日肉が欠かせないという人は、豚肉を茹でたものを食事に取り入れてみてください。
豚肉に含まれるビタミンAは、胃の粘膜を保護したり、再生を助けてくれます。
少しでもカロリーを抑えて前日とのバランスを取るために、茹でたものがおすすめです。

このように、焼肉も工夫次第で太る心配をせず心置きなく楽しむことができます。
また、食べすぎさえしなければかえって栄養バランスもよく、健康的な食事になるのです。

福武 勇二
岡山の和風焼肉こいのぼり
〒700-0811
岡山県岡山市北区番町1-5-28
TEL:086-233-5177
営業時間:17:00〜23:00
(ラストオーダー22:30)
twitter:https://twitter.com/koinobori5177
Facebook:https://www.facebook.com/yk.koinobori/ スタッフブログ:http://blog.livedoor.jp/indigoyogo/
岡山県岡山市和風焼肉こいのぼりへのお問合せはtel:086-233-5177
2015-04-07 | Posted in 焼肉マメ知識, 福武ブログNo Comments »